読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らっちゃいブログ

日々の学びと気づきを発信するブログ

数年ぶりにnodebrewを使ってnode.js(io.js)をインストールしたので手順をメモしておく

node.js

スポンサーリンク

久しぶりに node.js をインストールすることになったのでメモ。

nodebrew インストール

直接ビルドしてもいいんですが、いまどきそんな人いないですよね。

nodebrew 等のバージョン管理ツールを使った方が楽ですし、早いです。

ではまずは nodebrew をインストールします。

$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup
Fetching nodebrew... 
Installed nodebrew in $HOME/.nodebrew

========================================
export a path to nodebrew:

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
========================================

インストールができたら、nodebrew コマンドへのパスを通します。

インストール時のメッセージ通り export してもいいですが、シェルを起動する度にパスを通すのは面倒なので、.bashrc環境変数を設定しておきます。

$ echo 'export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH' >> ~/.bashrc
$ source ~/.bashrc

パスが通ったことを確認してみます。

$ nodebrew help
nodebrew 0.9.5

Usage:
    nodebrew help                         Show this message
    nodebrew install <version>            Download and install <version> (compile from source)
    nodebrew install-binary <version>     Download and install <version> (binary file)
    nodebrew uninstall <version>          Uninstall <version>
    nodebrew use <version>                Use <version>
    nodebrew list                         List installed versions
    nodebrew ls                           Alias for `list`
    nodebrew ls-remote                    List remote versions
    nodebrew ls-all                       List remote and installed versions
    nodebrew alias <key> <value>          Set alias
    nodebrew unalias <key>                Remove alias
    nodebrew clean <version> | all        Remove source file
    nodebrew selfupdate                   Update nodebrew
    nodebrew migrate-package <version>    Install global NPM packages contained in <version> to current version
    nodebrew exec <version> -- <command>  Execute <command> using specified <version>

Example:
    # install from binary
    nodebrew install-binary v0.10.22

    # use a specific version number
    nodebrew use v0.10.22

    # io.js
    nodebrew install-binary io@v1.0.0
    nodebrew use io@v1.0.0

以上で nodebrew のインストールは完了です。

node.js をインストールする

次は node.js をインストールします。

後述しますが、nodebrew で io.js をインストールすることも可能です。

今回は何も考えず node.js の最新版をインストールします。

$ nodebrew install-binary latest

これだけで最新版がインストールされたはずです。

io.js をインストールしたい方は、io@latest のように指定すればOKです。

インストールが完了したら、バージョンを確認してみましょう。

$ nodebrew ls
v5.10.1

本記事作成時点での最新バージョンである v5.10.1 がインストールされています。

なお、インストールしただけではまだ利用できる状態にはなりませんので注意してください。

nodebrew コマンドを使って、使うバージョンを明示的に指定する必要があります。

$ nodebrew use latest
use v5.10.1

はい、これで該当バージョンの node.js にパスが通りました。

実際にnode コマンドを実行してみると、バージョンも合ってることがわかります。

$ node -v
v5.10.1

nodebrew use コマンドも毎回実行するのは面倒なので、これも .bashrc で実行するようにしておきましょう。

$ echo 'nodebrew use latest' >> ~/.bashrc

以上で node.js のインストール作業は終了になります。

ひとこと

近年 node.js を使ったツールが増えてきているので、インストールする機会が増えてきていますね。

インストールしたことがない方は、これを機にインストールしておくとよさそうです。