読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らっちゃいブログ

日々の学びと気づきを発信するブログ

NginxにDoS攻撃が可能となる脆弱性!

速報 脆弱性

スポンサーリンク

朝起きたら脆弱性情報がメーリングリストにてアナウンスされていました。JSTだと本日(2016/6/1)の公開となります。

[nginx-announce] nginx security advisory (CVE-2016-4450)

A problem was identified in nginx code responsible for saving client request body to a temporary file. A specially crafted request might result in worker process crash due to a NULL pointer dereference while writing client request body to a temporary file (CVE-2016-4450).

これによると、リクエストボディを一時ファイルへ保存する際の処理に問題があり、ワーカープロセスがクラッシュしてしまうケースがあるそうです。具体的な攻撃方法については記載されていません。

この脆弱性の影響を受けるバージョンは、1.3.9 - 1.11.0 で、修正版として 1.11.1 と 1.10.1 がすでにリリース済みです。

一応変更内容も記載しておきます。

http://nginx.org/en/CHANGES

Changes with nginx 1.11.1                                        31 May 2016

*) Security: a segmentation fault might occur in a worker process while
   writing a specially crafted request body to a temporary file
   (CVE-2016-4450); the bug had appeared in 1.3.9.

1.11.1/1.10.1 にアップデートできない方は、バージョン毎にパッチが提供されていますので、自身で適用しましょう。

Patch for nginx 1.9.13 - 1.11.0 can be found here:

http://nginx.org/download/patch.2016.write.txt

Patch for older nginx versions (1.3.9 - 1.9.12):

http://nginx.org/download/patch.2016.write2.txt