読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らっちゃいブログ

日々の学びと気づきを発信するブログ

【祝400ブクマ達成】ホッテントリ入りする喜びと哀しみについて語ってみる【初バズ】

ポエム

スポンサーリンク

経緯

こちらの記事で初のホッテントリ入りを果たしました!めでたい。

racchai.hatenablog.com

普段だと土日のアクセス数なんて50もいけば良い方なのですが、何気なくアクセス数を確認してみたら3000アクセスを超えているわけです。

人間、本当に驚くと固まるんですね。頭が真っ白になって、何が起きているのかなかなか把握できなかったです。リアルタイムで50-60人ほどのアクセスがずっと続いていることを確認して、ようやくバズっていることを理解しました。

ブログを開設してもうすぐ2ヶ月になりますが、初バズだったので非常に嬉しいです!バズるという現象は、ブログの更新を続けていればいつかは来るものとされていますが、人によっては一年以上かかるという記事を見かけたこともあり、自分はいったい何年かかるかなあと不安に思っていたところでした。

それにしても、公開から5日も経過した記事がなぜここまでバズる結果になったのか。。自分には珍しくささっと書き終えた記事だったこともあり、驚きを隠せません。

喜び

バズったこと自体もうれしいですが、それ以上に大量にブクマコメントをいただけたことが私にとって一番の『喜び』でした。

ブログを書いている人ならわかると思いますが、誰にも読まれていないと感じる状態が一番つらいんですよね。

初めはアクセス数が増えてくるだけでもうれしかったりしました。でも、それはただの数字でしかないわけなので、読まれたい欲を満たすものではないのです。

今回コメントいただいた中には、記事の内容を評価してくださっている方もいて、感激しています。これでまた、当分ブログを続けることが出来そうです。本当にありがとうございます!

哀しみ

ホッテントリ入りはうれしいことばかりではないというのが、今回の発見でした。

一般的には、ネガティブなコメントが付くのが悲しいとか、炎上するのがつらいとかがありますが、私の場合はそれではありません。

二日間ほど総合とテクノロジーカテゴリの上位に掲載されていたものが、突然消え去ったのです。ホッテントリから外れた瞬間、ブログへのアクセスはみるみる落ちていき、もうすでにいつも通りのアクセス数に戻りつつあります。

盛大に盛り上がった後、突如それがなくなってしまったので、心にぽっかり穴が開いたような気持ちです。この喪失感はこれまで経験がありません。

遊びに来ていた孫が一泊で帰ってしまったみたいな気持ちなんでしょうか。孫いないからわかりませんが。

ここ数日は、帰ってしまった孫を想いながら思い出の写真を見るように、6/4 のランキング2位になったスクリーンショットを眺めて懐かしんでおります。

f:id:racchai:20160607081331p:plain

ひとこと

ホッテントリから消えるのはいいですが、一応400ブックマークも付いた記事なんですから、もう少し優しくフェードアウトさせてくれてもいいじゃないですか、はてなさん。